互いの美しさ、そして自分の美しさにすら、心からYESを言う。


こんにちは。宝晶です。

先週の日曜日、久しぶりにAFPのクラスを開催しました。


昨年7月に4週連続で開催した、ROSEというグループのフォローアップです。

グループによって様々ですが、ROSEはこれまで何度かフォローアップを開催しています。


今回はちょっと久しぶり。

そして今回は、私が初めて『レベル2』のワークをシェアする機会でもありました。

昨年の12月にAFP(アート・オブ・フェミニン・プレゼンス)のティーチャートレーニングレベル2を受講し、AFPの44のワークすべてを認定ティーチャーとしてシェアすることができるようになりました。


…とはいえ、初めてシェアするワークなので、テキストやトレーニング中のノートを何度も何度も読み返し、その時を思い出していました。


ワークを思い出して覚える

というよりも、

レイチェルに直接シェアしてもらった、その時の体験や自分の体感を思い出していた

と言えるでしょう。



それでも、

「間違えないかしら」

「ちゃんとできるかしら」

という、ティーチャーとしてのニーズがたくさん出てきます。




でも、今の私はそれに気づくことができるようになりました。

そこには毎回、面白い気づきがあります。


今回もその「罠」に気づいて(笑)

AFP創始者のレイチェルの言葉を、たくさん思い出しました。



私は、何よりも私が楽しんでやりたいのだと、

AFP認定ティーチャーとしての大事な「おいしさ」の一つを味わいつつ、

当日も「こんなニーズが出てきたの!」と、ありのままをメンバーのみんなに伝え、

オープンにリラックスして、
(そりゃ、ちょっと緊張もあったけどね、笑)

初めてのレベル2のワークを私自身も充分に楽しんでシェアしました。



もちろん、みんなも楽しんでくれました。


ROSEのメンバーは、一人ひとりがその人らしく、さらに綺麗になっていて、存在感により深みを増していました。

嬉しいね。



同じ女性として、一人の人間として、

他の誰かの美しさ(外見・内面ともに)を見ることができる、

それを愛おしく、嬉しく感じ、ともに歓ぶことができる。

これはAFPを続けている女性として、大きなギフトのひとつです。



互いの美しさに、心からYESを言うことができる、

自分の美しさすら、心からYESを言うことができる、

そういう女性が、美しくないはずがないのです。



ありのままの姿の美しさを見る力を思い出し、身につけた女性は、

繊細でいながら強く、しなやか。


パワフルでフェミニンな女性が集っている場は、

ジャッジも自己卑下もなく、アドバイスすらなく。

安心していることができるのです。



3月20日の春分の日から、隔週日曜日を3回、3weeksのクラスを開催します。

春闌満、桜が咲く頃

桜の花のように、自分の美しさを繊細に、凛と咲かせます。



今回はごくごく少人数ですすめます。

お問合せはこちらからどうぞ。

【 AFP 3weeks お問合せ】

折り返し、ご案内を差し上げます。


関連記事

  1. オーガニックな美しさは人の心を捉えて離さない

  2. 悩ましくも魅惑的なプロセス

  3. 強烈に揺さぶられてきました

  4. 素晴らしいスタート☆AFP 5weeks

  5. ほんとうの「ありのまま」って?

  6. こんな幸せが続くはずない

  7. 【 AFP〜アート・オブ・フェミニン・プレゼンス 】クラスの感想(4)…

  8. 女神が目醒めた日

月別アーカイブ