型ではなく自分自身を使って表現する

日本人は「型」を重んじる傾向があります。

型が重要なこともよく理解していますが、

ともすれば、その「型」にとらわれてしまい、

肝心の「中身」に意識が向かないこともしばしば。

日本人に苦手意識の高い「英会話」もその傾向があります。

『うまく発音できない』→「発音」という「型」

『文法が分からない』→「文法」という「型」

『単語を知らない』→「単語」という「型」

私は、ずっとこの「型」にとらわれていました。

英会話に通っていた時期もありましたが、

その時ですら(その時ほど)「型」に意識が向き、こだわっていました。

うまく発音できないから・・・

文法が分からないから・・・

単語を知らないから・・・

これらの「型」ができていないから、

私はいつまでたっても英語を話せない。

こう思い込むことで、

文字どおり自分を「型」にはめることで、

できない呪文をかけていました。

もっと意地悪に解釈すれば、

英語が話せない「言い訳」にしていたのだと思います。

英語、フランス語、中国語、あるいは母国語の日本語・・・

どこの国の言葉であっても、大事なことは、

『どう話すか』ではなく『何を伝えるか』

どれだけ流暢に英語を話しても、

英語圏の人にとっては当たり前のこと。

発音や文法の使い方を褒められることなんて、

おそらくほとんどないと思います。

(褒められるために英語を話すわけじゃないけどね)

外国人に日本語で話しかけられたら、

「日本語、上手ですね。」って褒めたとしても、

それはその瞬間だけであって、すぐに話の中身に意識が向きますよね。

それが聞き取りづらい片言のニホンゴであったとしても、

相手が伝えたいことを一生懸命伝えようとしていたら、

なんとか理解したい!って、私なら、思います。

で、逆もまた然り。

片言の英語で話しても

『伝えたい!』

っていう思いがあれば、相手は聞こうとしてくれる。

スルーする人は、上手にしゃべったって適当にスルーするんだと思います。

どんな言語であれ、自分が何を伝えたいのか、

それを『型』ではなく『自分自身』を使って『表現』する。

会話とは、それを重ねていく行為だと思うのです。

流暢であることも、もちろん素敵なことですし、とっても憧れますが、

流暢に話すことよりも、自分は何を伝えたいのか、何を話せるのか。

ここにフォーカスすると『英会話』に対するイメージは、まったく違うものになります。

従来の『型』にとらわれない

…というか、そんなことを忘れてしまうような…

超・超・超・楽しくて面白い英会話。

『私は話したい!伝えたい!』=会話

が、自分の中から溢れてくる、不思議な(でもとても自然な)

感動する英会話

それが、スピリチュアル英会話

『スピ英』です。

英会話が苦手だと思っている人、

人前で英語を話すなんて・・・

と、抵抗や恐怖がある人にこそ、体験してほしい。

私もそうでしたから。(←過去形です)

今でも英語はほとんど話せません・・・

が、

嫌じゃない!

怖くない!

むしろ楽しい!!!

・・・話せないくせに?

話せないくせに英会話が楽しいって、

どういうことなんでしょうね?

講師のアムリタ映蓮さんのブログに書かれています♪

(必見ですよ!)

いよいよ今度の水曜日から!

4月から3か月連続開催です。

単発参加もOK!

スピ英、AFPともに初めてでも、もちろん大丈夫です♪

まだ間に合います!

*********************

いよいよ今度の水曜日スタート!

【 英語でAFP♪ 】単発参加OK!

講 師:アムリタ映蓮さん
●日 程:1回目/4月27日(水)

 2回目/5月24日(火)

 3回目/6月16日(木)

●時 間:13:00~17:00

●場 所:あまてらす(品川区内)

●受講料:1回 16,200円(税込)

 ※3回通し割引:45,000円(税込)

●お支払:銀行振込またはPayPalによる事前支払(手数料別途)


★定員があります。女性のみ参加できます。
★各回ワークなど内容が異なります。

★お申込みはこちらから→

*********************

関連記事

  1. 11月はスペシャル企画♪

  2. 1月25日【巡禮記・お話会】お地蔵さまのお話

  3. 大人の女の、夜の遠足☆

  4. 立春からの準備はできていますか?

  5. まさかの筋トレクラス!?【英語でAFP♪】

  6. お金を産む土台作り、ってどういうこと?

  7. 毎回満員御礼の『あの話』が再び♪

  8. 立春のお詣りは、梅満開の祝福

月別アーカイブ