ドラマにしない〜高野山の旅・前書き続編

前回の話のつづきです。

 

前回の記事 『折り合いをつける〜高野山の旅・前書き』

 

 

 

 

数か月、問いを観察し続け、ひとつの答えを得たとき、

 

私は、これまで自分がさまざまな経験をしてきたことに、深く感謝しました。

 

 

 

 

問いそのものを、またはその答えを、

 

自分へのジャッジや、自己憐憫、ドラマティックに演出したりせずに済んだからです。

 

 

 

「ああ、私はかわいそう。」

 

…とか、

 

 

「周りのジャッジを気にする、私はなんて臆病なの!」

 

…とか、

 

 

「やっぱり私が悪いんだ・・・」

 

…とか。

 

 

 

ここには浸っていたくなかった。

 

 

 

 

ジャッジやドラマに入ることは、別に悪いことではないと思います。

 

けれど、自分を必要以上に責めたり、憐れんだり、妙なドラマに入ってしまうことを「しない」ほうが、そこにどっぷり浸かることなく、早く抜け出せる。

 

 

 

ちょっと厳しい見方をすれば、ジャッジも自己憐憫もドラマも、そこに浸ってしまうことで、

 

本当に見るべき事実から目をそらす

 

問いの本質をはぐらかすことにもなる

 

と、私は思います。

 

 

 

 

ただ、振り返ると、私と彼のパートナーシップがUnhealthyだと思い悩んでいた時、私はちょっとドラマに入っていたかもしれません。

 

もし、そのままドラマに浸っていたら、答え=気づきは得られなかった。

 

 

 

 

自分の内側に問いを持ち続け、

 

少し距離を置いて、

 

興味を持って、

 

ただ見続ける。

 

 

 

 

これができるのは、これまで私が経験してきたことが糧となっているからです。

 

決して喜ばしいとは言えない経験ですら(むしろその方が、かも)生きる智慧となっていて、今の私にはすべてが貴重な財産。

 

 

 

 

自分の中で折り合いをつけて、すっきり腑に落ちたからか、

 

私と彼のパートナーシップがHealthyであるかどうか、もはや気にならなくなってしまいました(笑)

 

 

 

「Healthyであるかどうか」も、ジャッジだもんね、たぶん。

 

 

 

でも「Healthyであること」は大切にしようと思います。

 

世間一般の倫理観や、社会常識や、

 

レイチェル&ダータの価値観ですらもなく、

 

 

自分の価値観でね。

 

 

 

 

関連記事

  1. 【AFP】5weeksクラスの感想(3)

  2. 花がある暮らし

  3. 文旦エクスタシー

  4. 宮本から君へ

  5. 【 AFP〜アート・オブ・フェミニン・プレゼンス 】クラスの感想(4)…

  6. 「あまてらす」奉納していただきました。

  7. すてきならくがき

  8. AFP in さくら組♪

月別アーカイブ