水晶文旦

 

高知の友達が送ってくれた

 

 

青く美しい水晶文旦。

 

 

この時期の、高知の名産品なのだそうです。

 

温室で育てられるのだとか。

 

 

(早生みかんに似ていますが、大きいんですよ。ずっしりです。)

 

 

 

水晶という名の通り

 

つやつやで透明感があり、美しい黄緑色をしています。

 

私には発光しているようにも見えます。

 

 

 

 

同封されていたガイドブックに載っている

 

仁淀川の透き通る美しさにもどこか似ているような。

 

 

 

 

見た目は酸っぱそうに見えますが

 

たっぷり果汁を湛えた透き通る果肉は

 

上品な甘さと香り。

 

 

とても繊細な味わいの、贅沢な美味しさです。

 

丁寧に育てられたことが伝わります。

 

 

 

以前、彼女に土佐文旦を送っていただき

 

あまりの香りの良さにうっとり・・・

 

もうすっかり文旦の虜になってしまいました。

 

 

※その時の記事 『文旦エクスタシー』

 

 

 

 

この水晶文旦も、また違った美味しさで

 

上品さにうっとりしながら、いただいています・・・

 

 

 

 

高知にも美しいところ、美味しいものが

 

いっぱいありますね。

 

遊びに行きたくなりました。

 

 

 

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 賞賛から生まれるもの

  2. 美しいノート

  3. お参りハシゴ

  4. 最高を食べ続けるか、ビリを食べ続けるか。

  5. ファミレスで見かけた素敵な光景

  6. 土と泥にまみれ瞑想する

  7. 「あまてらす」奉納していただきました。

  8. 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった

月別アーカイブ