バングラデシュ・カレー

 

久しぶりに、バングラデシュ・カレーを作りました。

 

 

 

 

娘が保育園に通っていた頃、同じクラスにバングラデシュ人の男の子がいました。

 

 

ありがたいことに、クラスのお母さん方はみんなほんとうに仲が良くて、プライベートで遊びに行ったり、合宿にも行ったほど。(もちろん子連れ)

 

バングラデシュ人のママも、とても仲良しでした。

 

 

 

 

お母さんたちが集まって、バングラデシュの料理と日本の料理を教え合う機会が何度かあり、

 

このカレーはその時に教えていただいたものです。

 

だから正真正銘、バングラデシュの家庭料理。

 

 

 

彼女は英語しか話せなくて、私たちはほとんど英語が話せなかったけれど、

 

大らかに和気あいあいと、一緒に料理を作り、食べ、会話することを楽しみました。

 

 

 

 

以来ずっと(もう20年近くになる)カレーといえば、これ。

 

アレンジしたりしながら、作り続けています。

 

 

 

 

いわゆるカレールーを使わない、小麦粉を使わない、油もほとんど使わない。

 

すりおろした野菜のとろみ、甘み、自然のスパイスの香りと効能。

 

とても健康的で、元気になれる料理なのです。

 

 

 

 

 

 

今日は友達のリクエストで、彼女の家にお邪魔して、一緒に作ってランチでいただきました。

楽しくて楽しくて、時間が過ぎるのがあっという間。

 

 

 

 

お蔭様で、カレーは大好評。

 

彼女の旦那様にも大好評と、後ほど知らせてくれました。

 

合わせて作ったチャイも好評でしたよ。

 

よかった。嬉しい。

 

 

 

 

 

こうして、友達と一緒に料理する機会がたまにありますが、それはとても特別な時間です。

 

洗ったり、切ったり、炒めたり・・・手を動かしながら、

 

オープンハートで、いろいろな話ができる。

 

 

 

深い話も深刻にならないというか、笑いながら話してたりして。

 

カフェで話すのとは、何かが、かなり違います。

 

 

 

インドの家庭のキッチンは、女同士の情報交換の大切な場だと、本で読んだことがあります。

 

昔で言うところの井戸端会議みたいな感じでしょうか。

 

 

 

何がそうさせるんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

今日カレーを一緒に作った彼女は、とてもセンスが良くて、ご自宅もとても素敵です。

 

 

 

特に私は、彼女の生ける花が好き。

 

とても自然で、さりげなく、でも存在感がちゃんとある。

 

 

 

 

こういう生け方ができるようになりたいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. わたしは太陽の子

  2. 知らぬが仏もいいもんだ〜葉山・逗子

  3. お待たせ!夏カレー☆レシピ

  4. 春社のお詣り♪

  5. 「あまてらす」奉納していただきました。

  6. 白梅

  7. ディズニーシーでワインを

  8. 桜茶で一息

月別アーカイブ