オイルプリング

オイルプリング。

 

 

 

知っている方、やっている方も多いかもしれません。

 

 

 

ココナッツオイルを口に含んで「うがい」をすることで

 

毒素を「引き出す=pulling(プリング)」という意味から

 

Oil Pulling と言われているそうです。

 

(うがいと言っても「ガラガラ」じゃなくて「くちゅくちゅ」の方ですよ)

 

 

 

元はと言えばアーユルヴェーダの『ガンドゥーシャ』が由来。

 

こちらは、加熱処理した ごま油(ほぼ無味無臭の白い方)を使います。

 

口腔内の細菌除去、虫歯や歯周病だけでなく、様々な疾病・症状の改善がみられるのだとか。

 

それが欧米でココナッツオイルに変わり、セレブたちの間で広まったみたいですねー

 

 

 

 

 

最初知った時は、想像しただけで気持ち悪くて・・・

 

油を口に含むなんて〜〜〜

 

ひまし油湿布の後のオリーブオイルも飲めないのに〜〜〜

 

どれだけ体に良くても、私にはむり〜〜〜

 

こんなことやる人変態やわ〜〜〜

 

とドン引きしました。

 

 

 

 

それが最近になって、とある本に

 

「オーガニックのエキストラバージンココナッツオイルでオイルプリングしたら、色々と体の調子がいい」

 

と書いてあるのを読み、ハッと思い出したのです。

 

 

 

そういえば・・・

 

オーガニックのエキストラバージンココナッツオイルが、ウチにあるではないですか!

 

しかもまったく使ってない・・・

 

 

 

 

「加熱しても酸化しにくい、香りはほとんどわからない」

 

と言われて料理に使ったものの、

 

 

 

めっちゃ匂いするやーーーん!

 

と結局、御蔵入りしたアレが・・・

 

 

 

 

使い道もないことだし、一回やってみよっかな・・・・・

 

と恐る恐る、ティースプーン軽め1杯&5分から始めてみました。

(本来は大さじ1&15分…)

 

 

 

 

意外にも大丈夫で、量は未だに少ないですが、15分はできます。

 

それだけやっていると眉間にシワが増えそうなので

 

洗濯物を干したり、掃除しながら「くちゅくちゅ」しています。

 

 

 

 

そして、頭の中ではずっとこの歌が流れています・・・なつかし・・・

 

 

 

 

 

 

口の中の油膜感は、なかなか慣れません。

 

ココナッツオイルが、最近の気温だと固まっていて、口に含むと溶け始めるので、その感覚もちょっと苦手です・・・

 

 

 

終わったら要らない紙に吐き出して、重曹水か塩水で口内をすすぎます。

 

これをするとサッパリします。

 

 

 

 

オイルプリングをやってみて気づいたのは、

 

やっている最中から 首が回りやすい ということ。

 

引っかかりがなく、スムース。

 

頭が軽くなる感じもします。

 

 

 

 

そして初めてすぐに、口の横に大きな吹き出物がひとつ・・・

 

頭痛などの好転反応もよくあるらしいので、その範囲かなーと思っています。

 

 

何れにしても

 

粘膜の経皮吸収って、やっぱりすごいんだなーーーー

 

と、感心しています。

 

 

 

 

もう少し慣れたら、ごま油にチャレンジしようかな・・・

 

(こんなことやる人変態やわ〜〜〜)

 

 

 

 

 

関連記事

  1. ハレとケ、心地よく美しいけじめ

  2. お待たせ!夏カレー☆レシピ

  3. いってらっしゃい

  4. 私を一番魅了する食べもの

  5. ほんとうの願いは叶っている

  6. 桜茶で一息

  7. 春社のお詣り♪

  8. 解剖学と骨模型とヨガ

月別アーカイブ