Bossy & Authority〜スリランカの旅・2

今日はボジョレー解禁日ですね。

 

スリランカ以降は基本的にお酒をやめているので、今年はスルーです。

(実はあまりボジョレーに興味がないので、ほぼ毎年スルーですが)

 

 

 

あっさりお酒をやめさせてしまうほど、多大な影響を受けたスリランカでは、素敵な人たちにたくさん出逢いました。

 

ずっとずっと、インスパイアされまくり、でしたよ。

 

 

 

今回はアーユルヴェーダのドクター達の話を。

 

朝早くから夜遅くまで、とても忙しいドクター達。

 

 

女性のドクターは、みなさん毎日素敵なサリーを着ていらっしゃいます。

 

毎日華やかで、エレガント。本当に見惚れてしまいます。

 

 

 

 

滞在中は、担当の医師が決まっています。

 

私と彼の担当医は、ドクター・プリヤ。

 

 

 

 

左は、通訳のシャーメインさん。明るくてチャーミング。

日本語ペラッペラで、コンサルテーションでは本当に助かりました。

 

右は、私と彼の担当医のドクタープリヤ。

プリヤ先生、目を閉じちゃってますが、めっちゃ美人です。

 

 

 

 

クールなメガネをかけた、とても美人のプリヤ先生は、コンサルティングや診察中、ニコリともしません。

 

態度も言い方も、とにかくとてもBossy(ボッシー)です。

 

 

 

でも私が、

 

「ドクター達は、みなさん毎日美しいサリーを着ていますね。」と褒めると

 

ニコッと美しい笑顔を見せて、こんなことを教えてくださいました。

 

 

 

『ありがとう。これは実は伝統的なサリーではないの。

機能的ではないけれど、サリーはドクターの仕事をAuthority(オーソリティ)に見せてくれるのにとてもいいの。

この仕事をするのに、デニムやジーンズではだめなのよ。』

 

 

 

 

おお、なるほど。納得です。

 

アーユルヴェーダというスリランカ(発祥はインドだけどね)伝統医学のドクターであれば、伝統的なスタイルであるサリーは、確かに説得力があります。

 

 

本当の伝統的なサリーはもっと生地が厚く、装飾も豪華なので重そうですが、ドクターたちが着ているものは、カジュアルで生地も薄め(でもシルク!)、軽やかで仕事中も快適に過ごせそう。

 

 

 

そして何より、綺麗!

 

美しいスリランカの女性たちが、華やかなサリーで優雅に歩いているだけで絵になります。

 

 

 

滞在中は、ほぼ毎日、鍼も受けます。

 

一度、プリヤ先生が私に鍼を打ってくださったことがあり(鍼の担当は他にドクターがいます)朝早かったので他に誰もいなくて、ドクターとして学んできたことや、家族の事など、少しの時間おしゃべりしました。

 

 

プリヤ先生は、鍼のドクターとして20年以上のキャリアがあるそうです。

 

そんなドクターに直接鍼をしていただけたなんて、私はとてもラッキー。

 

 

 

プリヤ先生の若さと美しさの秘密を教えてもらいましたよ。

 

 

一つは「アーユルヴェーダ」

 

きっぱりと即答でした。当たり前ですね^^

 

 

 

もう一つは「ポジティブであること」

 

「誰でもたくさんの問題を抱えているけれど、深刻に悩むことは健康にはよくないから、私は考えすぎないことにしているの。問題にフォーカスするのではなく、前を見て、良いポイントを見つける。そうすれば深刻に悩まないでいられるし、問題も早く良い方に向かうのよ。」

 

 

 

うんうん、プリヤ先生が言うと、どちらも説得力がありますよ。

 

 

 

 

 

学んできたこと、経験してきたことへの自信。

 

仕事への誇りと信頼。

 

(そしてほんとは)

とっても温かく優しくて、深い愛が溢れている豊かなハート。
 

 

 

プリヤ先生の、内面的・外見的な美しさは、私が目指す美しさに通じるものがありました。

 

BossyとAuthority​の、お手本のような存在感の女性でもありましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

他の美しいドクターも紹介しておこうかな。

 

↑ちょっとブレちゃったけど、レストランで食事の指導をしてくれるドクター。

 

料理を選ぶときのアドバイスだけでなく、みんなのテーブルも回って、体調などを聞いてくれます。

 

私は後半ずっと頭痛があったので、彼女に頭痛に良いハーブティを教えてもらい、とても助かりました。

 

ゆったりした話し方、優しい声で、とても癒されましたよ^^

 

 

 

 

 

ドクターではないけれど、滞在中、私のトリートメントを担当してくれたスタッフ。

 

ワサヤ(左)とパットマ(右)

 

彼女たちは、7年もアーユルヴェーダを学ぶのだそうですよ。

 

若くてもスペシャリストなんですね。

(ワサヤのマッサージはパーフェクトでした!)

 

 

 

 

関連記事

  1. タイみやげ

  2. 土と泥にまみれ瞑想する

  3. 知らぬが仏もいいもんだ〜葉山・逗子

  4. 日本でバリのスピリチュアルな体験を

  5. ひらがな、たった5文字で起こったこと

  6. 天王寺七坂さんぽ

  7. バリへ繋げる

  8. 男性参加者の感想〜高野山の旅・2

月別アーカイブ