涙もろくなりました

金曜日、ヴィーナスの日の夜はAFP 5weeks すみれ組のクラス。

たった1週間で、そしてクラスのわずかな時間の間にも、みんながどんどん柔らかく変わっているのがわかります。

クラスの前後には自撮りをお勧めしています。

自分で撮ったり、撮り合いっこしたり。

最初は抵抗があったのに、だんだんと変化していく自分を撮ることや、自撮り自体にハマっていく人も多くいます。

実は私もその1人です♪

あの自撮り棒もちゃっかり持っています♪

(AFPシスターズの間では『如意棒』という相性で親しまれています、笑。)

今回も、クラスのみんなのシェアが、ありのままでそしてとても深くて…ハートの深~いところに触れます。

自然と涙がでてきます。

AFPをはじめてから、そしてティーチャーになってさらに、そして最近では1週間発熱してさらにさらに……

私は涙もろくなりました。

色々な経験をしたという意味で、年齢のせいもあるかもしれませんが、それも含めて私はすてきなことだと思うのです。

感じることを自分に許している、

涙を流すという表現を自分に許している、

そしてそれを他人に見られることを許している、

これ、すごい受容です。

会社員していた頃の私にはあり得ないことだったなぁ~~

泣く=負け

みたいな。

しかも仕事中なら退場しなさい

みたいな、笑。

でも、あの頃の私も好き。

フェミニンではなかったかもしれないけど、得るものがたくさんあったことには間違いないし、

何より、ほんと、よーーーく頑張ってたもんねー

あ、今もがんばりたい時はがんばってます

関連記事

  1. 【 AFP〜アート・オブ・フェミニン・プレゼンス 】クラスの感想(4)…

  2. AFP in さくら組♪

  3. ひらがな、たった5文字で起こったこと

  4. ラストスパート☆

  5. 明日、空いてる?

  6. あの【スピ英】が、あまてらす で開催されま〜す♪

  7. 高野山へ、ご一緒しましょう

  8. 【AFP】4weeksクラスの感想(1)

月別アーカイブ