母の着物

 

春、両親が久しぶりに東京へ来て

母方のご先祖様が眠るお墓へ

一緒にお参りに行きました。

 

「もう最後だから…」

 

って、何回聞いたんだか(笑)

冗談にしながらも

それがいつかは本当の言葉になることも

全員が心の片隅でわかっていて、受け入れている。

 

 

一緒にごはんを食べながら

離れて暮らす両親が少しでも安心して過ごせるよう

親孝行のつもりで近況を話す中(笑)

 

最近、着付けを習っていることが話題になり

もう着ないから、ということで

母の着物を譲ってもらうことに。

 

 

娘の一時帰国に合わせて実家へ行った時に

見せてもらった着物は

高価な着物ではないけれど

モダンで素敵。

 

 

母が若い時に仕立てたものだからか

それとも祖母の好みだったのか

 

 

「ああ、こんなのもあったわね。」

「これは、おばあちゃんが作ってくれたのよ。」

「これは私が自分で縫ったの。」

 

 

母の回想に寄り添いながら

長い間、古い桐の箪笥にしまわれっぱなしだった着物を

母と一緒に広げたり畳んだり。

 

 

結婚当時は着物で過ごしていたのよ、とか

特に寒い冬は着物は暖かくてよかった、とか

子ども(姉)ができてからは着なくなってしまったわね、とか

 

 

母が話さなければ誰も知ることのない

母の若い頃を垣間見ることもできて

着物たちを、より身近に愛おしく感じます。

 

 

 


 
**『 AFP月ごよみ《立夏〜白露》』**
 
 
 
【日程】
第6回:立夏の集い/5月5日(日) 終了しました
第7回:芒種の集い/6月4日(日) 終了しました
第8回:小暑の集い/7月2日(日) ★
第9回:立秋の集い/8月11日(金祝)
第10回:白露の集い/9月10日(日)
 
◎月1回、日曜日または祝日開催です。
◎13:30〜18:00(多少前後することがあります)
 
【ご参加について】
◎基本は連続参加ですが、各回ごとの参加も可能です。
(お申し込みが重なった場合は連続参加の方を優先)
◎女性限定
(18歳以上。また性別の定義は様々です。お気軽にご相談ください。)
◎AFP瞑想経験者限定
(1Dayや連続クラスなどに参加経験のある方)
 ※不明な場合はお気軽にご連絡ください
◎定員があります
 
【場所】
◎あまてらす
(品川区内)
 
【参加費】
◎単発参加/1回12,800円
 
【お申込・お問合せ】
◎お申込はこちらから
 
◎「AFPのワークショップに行ったことがあるけど、参加できる?」

と疑問に思われた方は、どうぞ気軽にコンタクトを。

【あまてらすお問合せフォーム】

 

 


 

関連記事

  1. 帰国しました

  2. 解剖学と骨模型とヨガ

  3. 親は心配する生き物

  4. 魔法のランプ

  5. 女性のための無料タロット占い講座

  6. 私を一番魅了する食べもの

  7. 天王寺七坂さんぽ

  8. 桜茶で一息

月別アーカイブ