役割はもういらない

 

娘がアメリカ留学から一時帰国したので

しばらく大阪に行っていました

 

 

久しぶりに実家へ行ったり

友達に会ったり

好きな場所を訪れたり

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

前の夫と娘と

本当に久しぶりに、3人で食事をしました

 

 

ふと気づいたら

 

ex-夫は中国の青島から

娘はアメリカのロサンジェルスから

そして私は東京から・・・

 

それぞれ、違う国から集合してるwww

3か国会議やんw

 

 

ex-夫が予約してくれたのは

マリオット都ホテルの最上階にある

ちょっと変わった料理がいただけるレストラン

(どれもとても美味しい!)

 

 

阿倍野の天空からは

東京タワーならぬ通天閣がwww

 

 

 

夫婦は離婚したけれど

両親であり親子であることは間違いないのだけれど

娘がすっかり大人になったことで

なんかもう、いくつもの「役割」は、いらなくなったんだなぁって

むしろ、親目線でいることが邪魔な気すらしている

(って言ったって、心配しちゃったりするんだけどね、それすら余計なことだと自分で思うってことです)

 

強いて言葉にするなら

ともだち

かな

 

先日受けたセッションでもらった言葉の一つ

今の私には、娘もex-夫も

「ともだち」のほうがフィットする

ともだちみたいな親子〜〜っていう軽い感じじゃなくて

もっと、大切な、ともだち

 

長い間、互いを見守ってきた

そして、それぞれが自分の足で立っている

 

 

 

 

ハタから見れば、そんな関係性は奇妙に映るかもしれない

でも、少なくとも私は

今の3人の関係を客観的に眺めて

うん、いい

と心から感じている

 

 

そもそも3人全員が、ハタの視線などほとんど気にしないからw

こんな関係性を築けるのかもしれない

 

 

次会うときは、みんなどこに住んでいるんだろう

みんな元気で

好きなように生きていてね

そして幸せにね

 

関連記事

  1. 最高を食べ続けるか、ビリを食べ続けるか。

  2. 親は心配する生き物

  3. 蓮池

  4. ラストスパート☆

  5. 私の言葉を世界に残すという冒険

  6. ファミレスで見かけた素敵な光景

  7. ひそかな目的

  8. 愛する命が存在しているということ

月別アーカイブ