清らかな美味しいご飯『ドローン米』

 

同じAFPティーチャーで「大阪フレンズ」でもある、私の大好きな友達、Silkこと勝俣絹代さん。

 
彼女は今、旦那様のドローン事業を、日本だけにとどまらず海外も飛び回り、献身的にサポートしていらっしゃいます。
多忙な中でも、いつも愛に溢れ、ユーモアと優しさを忘れない、私が心から敬愛する美しい女性です。
 
 
( AFP月ごよみ《清明の集い》後ろ左がSilk♪)
 
 
Silkは、昨年の私のAFPの連続クラスに参加してくださり、また先日も忙しい中、3月の【 AFP月ごよみ《清明の集い》】にも参加してくださいました。
逢うたびに色合いと深みを増す、Silkのプレゼンスに魅了されっぱなしでした。
 
その時に、旦那様が携わっていらっしゃるドローン事業で育てた「ドローン米」をレトルトパックにしたご飯を「彼と一緒に食べて欲しくて」とプレゼントしてくれました。
 
旦那様の事業のお話は時折聞いていましたので、それがこうして現実化して目の前に商品となって現れていることが、もう嬉しくて嬉しくて!
 
 
 
「彼と一緒に」と言ってくれたこともあり、私も彼に喜びを分かち合いながら一緒に食べたかったので、それからしばらく経ってしまいました。
 
先日、ようやく落ち着いて二人でこの「ドローン米」をいただきました。
私はレトルト食品があまり好きではないので、レトルトご飯にも正直美味しい印象を持っていませんでしたが、その印象を覆す美味しさでした!
 
 
 
 
ふんわりしていて、もちもちしていて。
レトルトご飯を食べている感じは、不思議なことにまったくしません。
ご飯だけで本当に美味しい。
 
お米はもともと神聖な食べ物ですが、その本来の神聖な食べ物をいただいている感覚でした。
 
「清らかなご飯をいただいている。」
そんな印象でした。
彼も私の喜びを一緒に感じてくれて、もちろん味も大絶賛でした。
(あっという間に平らげていました)
 
世の中に、こういう安全で安心な食べ物がもっともっと定着していくといいね。
そんなことを話しながら、美味しくいただきました。
 
 
Silk、そして素敵な旦那様。
美味しいご飯でした。
ありがとうございます。
ご馳走様でした。
 
 
旦那様の事業は、メディアにも取り上げられることが増えてきたそうです。
これからもずっと、素敵な旦那様とSilkを応援しています。
 
 
 
 
 
この記事をアップしようと思っていた今日。
Facebookを開けたら、おお!目の前にSilkの記事が!
 
なんとSilkが今月の28日に、AFP 1Dayを開催するのだそうです!
昨年AFPティーチャーになられた鈴木麻子さんとの共同開催というスペシャルなクラスとのこと。
 
私は鈴木麻子さんにまだお会いしたことがないのですが、二人の魅力が相まって、きっと深く美しい贅沢な時間になることでしょう。
 
本日まで、早割が適用されるそうですよ。
リンクを貼っておきますね。
 
 
 
大好きなSilkと、時折デートして互いの近況を話すのが、私はとても楽しみ。(もちろん関西弁で)
Silkと、またデートできる日を夢見ておりまーす♪
 
 

関連記事

  1. AFP 5weeks 2週目でした♪

  2. 溢れるほどに満ちたら

  3. バングラデシュ・カレー

  4. 控えめクリスマス

  5. 母から夏の風物詩

  6. 久々、親バカボン♪

  7. 高野山へ、ご一緒しましょう

  8. ほんとうの願いは叶っている

月別アーカイブ