いちばん暑い時に、熱いアツイまぐあいを祈る

須佐 厳さん先達による【巡禮記】鹿島神宮への遠足、いよいよ今月開催です!

5月から延期になって、日本でいちばん暑い時期に行くことになりました。

一番アツイ時期に、自分とパートナーとの健やかなまぐあい、熱いアツイまぐあいを祈ります。

パートナーがいる方なら、ふたり一緒にお詣りなさるのも、とてもいいと思います。

今、パートナーがいないなら、健やかな熱いアツイまぐあいをする相手と出逢えるよう、祈るのもいいでしょう。

鹿島神宮は、東京からバスで2時間ほどで着きます。

暑いし日焼けもするでしょうし、でもとてもいいお詣りになるんじゃないかなって、思っています。

詳細&お申し込みはこちらです。

【巡禮記】遠足・鹿島神宮
~テーマは『まぐあい』女と男の健やかななりわい~
http://www.reservestock.jp/events/72774

申し込みページにも記載している、須佐 厳さんの鹿島神宮への想い、ちょっと長いのですが、全文こちらにも転載しますので、ぜひお読みいただければと思います。

-*-*-*-*-*-

茨城県の鹿島様を訪ねました。
2013年の締めくくりとして、奈良の都の先達をさせていただくのですが、
その前にどうしてもここを訪ねたかった。

前置きですが、この鹿島様のご祭神である「タケミカヅチ様」が古事記に登場されるのが天孫降臨の前。
地上で一番力もちだった諏訪様「タケミナカタ様」との力比べに勝られて「国譲り」の足取りを握られ、その武運の賜物で天孫「ニニギノミコト」さまが降臨を果たされることとなります。


でも鹿島様はその天神(あまつかみ)の力を傍若無人に振るっただけではないのです。
傍若無人なだけでは天孫降臨の道筋を力ずくで通しただけで国創りなど叶うわけはなく、恐怖に満ちた政(まつりごと)となりますから、ちゃんと地上の「人のなりわい」の仕組みを理解したうえで、鹿島のお宮に坐られています。
のちのち奈良の大仏さんの開眼を発願された聖武天皇は、それを知って、鹿島様と香取様をその都にお迎えになって「春日大社」とし、発願を果たされ現代までその祈りを継承しておられますね。

さて、「国創り」とは国家のことを指すとばかり考えがちですが、民(たみ)がおらねば国家も成り立ちません。つまり「国創り」の最小単位は家族や家庭、愛しあう男女、結びあい、つまり「オンナとオトコの健やかななりわい」なのだと鹿島のお宮に刻まれているのです。

それを確かめようと、奈良に皆様をご案内する前に鹿島神宮をたずねたのです。
その「むすび」が健やかに成り立たないと「国家」そのものも無になるわけですから、奈良での「国創り」のご縁を見るために先にどうしても確かめたいことがあったのです。

すなわち、鹿島神宮の奥に鎮座される、要石(かなめいし)と御手洗池(みたらしいけ)そして奥宮(おくぐう)との関連性。

そこは「パワースポット」と妙な名前をつけられて、神様から何かを貰おうという人々の「興味」の対象になっているところですが、そうだな、10年ほど遡ってくれればいいです。
「パワースポット」と揶揄される前くらいの、ちゃんと信仰の対象となっている時期に遡って見つめてください。
神様は何も私たちにくださいませんが、そのたたずまいを「智慧」として感じ取れ、真意を見よと「祓い」をなさいます。

さてそれら三つの関係性は、雑念に邪魔されない頑強な「ホコ」と、枯れることのない潤いに満ちた「ホト」、そしてそのふたつがまぐあう「場所」との関係性なんです。


須佐厳は何でもかんでも「まぐあい」に焦点してしまうとお叱りを頂戴しますが、人の「祈り」の根本が「温かいまぐあい」そのものなのだから仕方がありません。
「パワーを貰える」という意味不明の先導をするよりは本来の祈りに近く、ストレートでいいと思ってます。

そして須佐厳は「先達」ですので、その関係性を確かめて意識の受け継ぎをしないと、鹿島様やお諏訪様、そして聖武天皇の御意を皆さんに語れないし、ましてや「国創り」のご縁などつなげたもんではないのですが、これで安心して皆さんにお伝えする諸々のことができました。
お諏訪様を長野に訪ねてからほぼ10か月ですね。ちょうど良いタイミングをいただきました。

さて、鹿島様は鹿島神宮、つまり「神宮」です。
天皇(すめら)の系譜に載る神様を祀るお宮は「神宮」と格付けされますが、この鹿島神宮は他の神宮と少しだけ違うところがあります。
それは、神宮にある「菊のご紋」がどこにもないということ。
天孫降臨の道をつけたと云っても直系にはあらずとのお考えなのでしょう。
武(もののふ)の始祖であり、すがすがしく謙虚な神様なんです。

 

須佐 厳

【Facebookページ〈フォトグラファー須佐 厳〉「鹿島神宮【オンナとオトコの健やかななりわい】」より】

-*-*-*-*-*-

ご縁ある方とご一緒できますことを、楽しみにお待ちしています♪


【巡禮記】遠足・鹿島神宮
~テーマは『まぐあい』女と男の健やかななりわい~
http://www.reservestock.jp/events/72774

関連記事

  1. 立春のお詣りは、梅満開の祝福

  2. 一家に一人!リングヒーラー養成します♪

  3. 女神が目醒めた日

  4. リングヒーリング、体験者の声

  5. 貴女は目醒めていますか

  6. 【 英語でAFP♪ 】女性が美しく自由になっちゃう不思議な英会話クラス…

  7. 毎回満員御礼の『あの話』が再び♪

  8. 祈りへの静かな情熱…【巡禮記】お話会でした♪

月別アーカイブ