数字の美しさ

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのところ

WindowsPCのデルちゃんと見つめ合っています。

 

どっぷり数字漬けの毎日です。

 

 

 

ほんとうは、先日のAFP月ごよみのことや

ボロ市のことを書きたいのですが

今日はこの話を。

 

 

子どもの頃から算数、数学がとにかく苦手で

【 数字・すうじ 】というものを毛嫌いしてきました。

 

 

ところが昨年、友達が

 

「数字は美しい」

 

という話をしてくれてから

自分の中に何かヒットしたのを感じていました。

 

 

 

「美しいものが好き」

プロフィールに載っけてるほどですから

 

 

数字の美しさって、どんなものなんだろう…

この、まったく未知の世界を

そのまだ見たことがない美しさを

 

純粋に感じてみたい!

 

と、新たな望みが、ムクムクと…

 

 

 

私の中に湧き上がった、その純粋な望みに従い

これまでぜったいにやりたくなかった

 

…というよりも

 

自分にはぜったいにできないと思い込んでいた

会社の経理に、真剣に取り組み始めました。

 

 

 

そうはいっても、経理はおろか営業経験もないド素人。

 

会計入力程度はやっていましたが、それもかなり人任せでしたから

プロの税理士さんにご指導いただきながら、コツコツと。

 

 

 

あまりにもわからなさすぎて、何を質問していいかすらわからず

度々泣きそうになりながら

そして税理士さんにうーんと迷惑をかけながら、コツコツと。

 

 

玉ねぎの皮をむくように、日々、低~いハードルをクリアしています(笑)

 

 

まだまだヨチヨチ歩き程度のレベルですが

 

 

間違いに気づいて修正した時…

 

資料とすり合わせて、数字の羅列がピタッとあった時…

 

さらにそれが幾度も続く時…

 

 

 

 

うほーーーー

すごい快感!

 

 

 

 

 

そして、確かにその時の数字は、

 

美しい。

 

 

 

 

 

友達もこんな体験の話をしていたなぁ…

 

彼女が言っていたのはこれだろうか。

 

 

 

 

 

幼い頃からの思い込みのまま

ずっと数字を嫌っていたら

きっと生涯、この快感は味わえなかった。

 

 

 

またコンフォートゾーンが広がっちゃったわ。えへ。

 

 

 

私に数字の美しさを教えてくれた友達に

心から感謝しています。

 

 

 

私も誰かに、何かの美しさを伝えられる人で在りたいなぁ。

 

 

 

 

 

今、こんな快感、美しいものが見られるなら

経理が楽しくなるかも…と甘い妄想に浸っています。

 

 

数字とも、もっと仲良くなれる気がしていますよ。

 

 

 

関連記事

  1. 美しいたべもの

  2. マンダラの音

  3. 母から夏の風物詩

  4. クイーン・デー

  5. ダブルデート

  6. 翡翠睡蓮を堪能する

  7. 假屋崎省吾さん

  8. 水晶文旦

月別アーカイブ