滝にみる男性性・女性性


こんにちは。天海 宝晶です。

避暑に行こうと誘われ、「滝を観たい」とリクエスト。

群馬県にある『吹割(ふきわれ)の滝』と『華厳(けごん)の滝』へ行ってきました。

どちらも初めて訪れたのですが、このふたつの滝は、とても対照的でした。


最初に行った『吹割の滝』は、広くなだらかな滝。

高さのある、いわゆる「滝」のイメージではなく、横に広く、細かな線状にゆったりと流れる、優しさを感じる滝でした。

音も優しい水の流れる音。

川と滝そのものが、とても居心地よく「ただここに在る」と思わせる存在でした。

……そう、とっても女性的だと感じたのです。


次に行ったのは『華厳の滝』は、いわゆる「滝」のイメージそのもの。

100mぐらいの高さがあり、すごい勢いで水が流れ落ちます。

水量、音も轟々と激しく、その堂々とした姿に圧倒されます。

遠く離れた私たちの所まで水しぶきが届き、その場全体が霧で覆われるのですが、なんでしょうね、大きく包み込まれている感じが、とても心地よくて…笑

……う~ん、こちらはなんとも男性的。

同じ滝でも、こんなに伝わるものが異なるなんて。

今回、私がどちらに惹かれたかというと、それは『華厳の滝』。

女性だから、男性的な方に惹かれる?

それもあるかもしれませんが、どちらかというと、今の私の『男性性』の部分に喜びを感じている……

そんな感じでしょうか。

こんなふうに、滝に『男性性』『女性性』をみるのは、今回の旅行に出る前、『男性版AFP』の存在に盛り上がっていたせいもあるのかもしれません。

(長くなるのでこの話はまた後日…♪)

しばらくの間は、華厳の滝で撮った動画を何度も見て、私の男性性を満たしてみようかな(笑)

滝の後は、塩原の温泉でのんびりしてきました。

そこで「花オクラ」なるものを初めていただきました。

文字通りオクラの花なのですが、花を食用にするそのために栽培されているそうです。

花弁はふんわりと柔らかく、ほんのり苦味があって、後からオクラの粘り気が少し感じられます。

美味しかったですよ♪


あ、そうそう。

宿からの帰りに寄り道して、吊り橋を渡った時のこと。


私は下を流れる川の景色とか、吊り橋と周りの自然、全体の美しさなどに惹かれたのですが、

彼は吊り橋を支えている太い太い「ワイヤー」とか、その留め方とか、本当に感心しながら見ていました。

もう可笑しくって。

ふたりそれぞれ、満足しました(笑)

8月はAFPのクラス・イベントはお休みです。

9月からまたスタートします♪

すでにお申し込みいただいているものもありますので、気になる方はお早めに。

お問合せもお気軽にどうぞ♪

お問合せフォーム

9月25日スタート
AFP アート・オブ・フェミニン・プレゼンス
5weeksコース(金曜夜クラス)

9月30日スタート
AFP アート・オブ・フェミニン・プレゼンス
4weeksコース(水曜昼クラス)

9月27日(日)
AFP アート・オブ・フェミニン・プレゼンス
1Dayワークショップ

AFP受講者の感想

関連記事

  1. それは本当の望みだろうか

  2. 母の着物

  3. 宮本から君へ

  4. 感謝ではじまる一年

  5. 音楽の力〜Song of Lahore

  6. オイルプリング

  7. ピンクのブーケ

  8. ひそかな目的

月別アーカイブ