空を見上げる理由


おはようございます。天海 宝晶です。

ゆうべ、1時を過ぎて寝たのに、なぜか5時過ぎにパチっと目が覚めました。

今日も気持ちの良い朝です。

今朝は鯖(サバ)ではなく鱗(ウロコ)かと思われます・・・(雲の件)

一日に何度でも、気づけば空を見上げます。

朝起きて、窓を開けて。

玄関を掃除しながら。

洗濯物を干しながら。

お客様をお見送りして。

歩きながら。自転車に乗りながら。

小さい頃は、いつまでも空を眺めている、のんびりした子どもでした。

(妄想好きも子どもの頃から)

朝の空も、昼の空も、夕焼けも、夜空も。

晴れていても曇っていても、雨の日も。

太陽も、空の色も、雲も、星も、月も。

いつでも天は、私に惜しみなく「なにか」を与えてくれます。

感動、メッセージ、閃き、アイデア

愛、滋養、励まし、内観

もちろん天気予報も(笑)

空を見上げた時の、天と繋がっている感覚は、私にとって一番のエネルギー源であり、安心なのかもしれません。

今日も善い一日を。

関連記事

  1. 30年続いていること

  2. 目黒不動尊へ

  3. 土と泥にまみれ瞑想する

  4. 稲庭うどん

  5. 花がある暮らし

  6. オイルプリング

  7. 月一恒例の町内清掃で、嬉しい言葉をかけてもらいました!

  8. 母の着物

月別アーカイブ