花がある暮らし


こんにちは。天海 宝晶です。

裏庭で育っている薔薇が、ちいさな花を咲かせました。

地植えしていないので、育つかどうかもわからなかったのですが、

飄々と生き延びています(その家の主に似るのかも……)

もう誰も住んでいない、彼の実家の庭から分けてもらった枝。

そのままでは、やがて朽ちてしまったであろう植物の命が、すぐ側で生き続けていることに喜びを感じています。

サロンには、今、白い薔薇と黄色い蘭が飾ってあります。

蘭は、先日いらしたお客様がプレゼントしてくださいました。

華やかで、でも柔らかい黄色だからか、とても優しく上品です。

そのお客様も、華やかで優しく上品な、とても美しい女性です。

あまりサロンに蘭を飾ることはありませんでしたが、

蘭もいいですね。

あまてらす に、よく似合っています。

いつも花が飾ってあるのは、いいね。

来るたびに癒される。

昨日、彼が帰り際に、蘭を見ながら言っていました。

男も、花で癒されるのです。

だって、女が、花ですものね。

女は花を愛で、

男も花を愛で、

男は花を愛でる女も愛でるのです。

関連記事

  1. 母の着物

  2. 遊んで暮らす

  3. 最高を食べ続けるか、ビリを食べ続けるか。

  4. すてきならくがき

  5. 音楽の力〜Song of Lahore

  6. 母から夏の風物詩

  7. 雪化粧

  8. 蚊に刺されたら、ジョリジョリジョリ……

月別アーカイブ