溢れるほどに満ちたら


こんにちは。

天海 宝晶です。

今年初めてのブログです。

今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

昨年、特に後半は、ブログをほとんど更新しませんでした。

メルマガ「福ふく日和」を読んでいただいている方には、お伝えしましたが、

今の私は『何もしない』暮らしを選び、努めて足を止め、敢えて積極的なことは何もせず、これまで来た道や足元を見つめています。

感傷的な振り返りや、恐怖から来る躊躇などではなく、すぐそばにある扉を開け進むために、敢えて「自分の現実」と懇々と向き合っているのです。

扉の向こうが、どのような世界なのかは大体見えていて、今の自分という現実と向き合うほどに、扉の向こう側の光や熱は増し、満ちてゆきます。

私の中で、溢れるほどに満ちたら、自然に表現してゆきます。

今までとは、ちょっと違う表現になるかもしれません。

これからも、お付き合いいただければ幸いです♪

 

 

 


先日、正月飾りをおさめに、鎮守神社へお詣りしました。

甘酸っぱい香りが鼻をくすぐり、ふと顔を上げると、梅の花が。

もういっぱい咲いていて、それはもういい香りでした。

お詣りに来られた皆さん、にっこりされて、愛おしそうに眺めたり、写真を撮ったり。

花がほころぶと、みんなの顔もほころびますね。

関連記事

  1. 最高を食べ続けるか、ビリを食べ続けるか。

  2. 雪化粧

  3. ハレとケ、心地よく美しいけじめ

  4. 帰国しました

  5. 明けましておめでとうございます!

  6. 母から夏の風物詩

  7. 知らぬが仏もいいもんだ〜葉山・逗子

  8. 営業2課、吉田の結婚式に出席してきました。

月別アーカイブ